スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなと リクの おばあちゃんのつぶやき

2011-05-19

かんなと リクの おばあちゃんのつぶやき

私の小さな孫たちの未来が 相変わらず原発に依存する社会だとしたら、私はとても不安です。核の力は確かにスゴイです。でも とても人間の手におえないことが フクシマの事故で身にしみてわかりました。原発を止めると電気の供給が足りなくなる、というのも どうも 嘘っぱちのようです。元もと不必要に電気を使いすぎています。ちょっと考えると色々と思いあたります。季節はずれの野菜や果物は要りません。夜は暗く静かな自然のくらしをしたい。物は器械からではなく 人から買いたい。少しだけ生活を変えると原発無しでやってゆけるはず。便利さと人生の豊かさは比例しないと思う。知恵を使って 助けあって生きる社会をつくりたいと思う。チェルノブイリの事故の時も同じ事を言ってたなあ。結局方向は変えられなかった。道筋を決めるのは私達なのに、大抵知らず知らずのうちに決まってしまって、気が付いたら エッ?!てなことになってる。私はもう あと15年もすれば この世にさよならするので どうでもいいよ なんて言ってられない。
今、この時にやらなければいけない運命の別れ道の重要なポイントってあると思う。それが今だと思うのです。小さな孫たちのために 原発を止めたい。原発は好ましい社会をつくりません。事故はもうタクサンです。

6月11日は脱原発国際行動の日です。
世界中で一斉に行動します。
大町でも集会とデモを行います。御参加ください。

12:00       集会 大町駅前広場公園
13:10~14:30 デモ 駅前通り商店街

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁科の囁き

Author:仁科の囁き
FC2ブログへようこそ!

1945年7月中国山西省生まれ 翌年6月引揚 郷里岩手県北上市へ のち茨城高萩、東京多摩、宮崎日向、山口岩国を経て 中学高校は広島市 東京での大学生活(専攻独文)を終えてすぐ信州へ 
押田成人神父に師事 大工修業を経て 開発阻止活動に専念 
あづみの道草あかとんぼの会代表 国営アルプスあづみの公園・友の会事務局長 東ティモール支援・信州事務局 原子力行政を問い直す宗教者の会世話人ほか 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。