スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異議申立書を提出

2013-01-31

                   平成25年 1月31日
           異議申立書

資源エネルギー庁長官
高原 一郎殿

                   異議申立人 
                   あづみの道草あかとんぼの会 
                   代表 及川 稜乙

次のとおり異議申立をします。

異議申立人の住所・氏名・年齢
      住所 : 長野県大町市社4095番地
      氏名 : 及川 稜乙(おいかわ りょういつ)(67歳)

異議申立に係る処分
      貴庁の平成24年11月30日付けの異議申立人に対する公文書の不公開
    決定処分(20121101公開資第1号)

異議申立に係る処分があったことを知った年月日
      平成24年12年4日

異議申立の趣旨
      第2項記載の処分を取り消すとの決定を求める。
異議申立の理由
      (1) 異議申立人は、平成24年10月30日、処分庁に対して、行政機関の保有
する情報の公開に関する法律(以下「情報公開法」)に基づき、東京電力新高
瀬川発電所の平成20年から平成24年までの7月および8月の発電実績の詳
細を請求した。
      (2) 処分庁は、平成24年11月30日、(1)の請求に対し、不開示処分(以下「本
件処分」)を行った。
      (3) しかし、本件処分は、次の理由により違法である。
          東京電力株式会社が長野県大町市に所有している新高瀬川発電所の許可
出力(いわゆる発電能力)128万KWは、同社の福島第1原子力発電所1号機と
2号機を合わせたところの約124万KWに匹敵する。同社が所有する揚水発電
所は新高瀬川発電所を含めて9か所あり、合計出力は建設中の神流川発電所
を270万KWとして加算すると約980万KWにおよぶ。そもそも揚水発電所は
原子力発電所の夜間の余剰分を有効活用するためとして整備されたものであり、
いずれも大型のタービンを備えている。原子力発電所の緊急停止や夏場昼間の
需要ピークを考慮して電力需給計画は建てられているはずであるが、現在最大
級の国民的関心事となっているこのことについて国が説明責任を果たすために
は、電力会社の月間総括発電実績報告だけを鵜呑みにするのでなく、個別設
備の時間毎稼働状況を具体的に把握することも不可欠である。平成23年4月
1日施行の公文書等の管理に関する法律、および同日制定の資源エネルギー
庁行政文書管理規則は、現在と将来の国民に対する説明責任を果たすことが
すこぶる重要であるとの認識の上に成立したものであるから、法の趣旨に従って
本件文書資料は当然取得していなければならないものである。

(4)以上から、本件処分の取消しを求めて本申立に及んだ。
処分庁の教示の有無及びその内容
      「この決定に不服がある場合は、この決定があったことを知った日の翌日から起算
して60日以内に、行政不服審査法(昭和37年法律第160号)第6条の規定に基
づき、資源エネルギー庁長官に対して異議申立てをすることができます。」との
教示があった。
以上







スポンサーサイト
プロフィール

仁科の囁き

Author:仁科の囁き
FC2ブログへようこそ!

1945年7月中国山西省生まれ 翌年6月引揚 郷里岩手県北上市へ のち茨城高萩、東京多摩、宮崎日向、山口岩国を経て 中学高校は広島市 東京での大学生活(専攻独文)を終えてすぐ信州へ 
押田成人神父に師事 大工修業を経て 開発阻止活動に専念 
あづみの道草あかとんぼの会代表 国営アルプスあづみの公園・友の会事務局長 東ティモール支援・信州事務局 原子力行政を問い直す宗教者の会世話人ほか 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。