スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・リクフクシマ巡礼の道

2011-05-30

きょうは朝からずっと浜岡原発に関する中部電力の発表文書過去1年分を
読んできて滅入っていたところでしたが、関曠野さんのこの構想が目に飛
び込んだとたんに、体中に笑いがこみあげました。(関曠野を当代一流の
思想家だとはとうに認識していたけれど、こんなレオナルド・ダ・ヴィン
チみたいな壮大な発明の才もあったとは!)

この300キロの海上の道は、サン・リクフクシマ巡礼の道として世界中
から人々が訪れ、いつの日か世界遺産になることでしょう。

■□■□■□■□■□■□■

関 曠野 : 私の三陸復興案

政府からは未だに三陸地域復興の青写真が出てきていない。ヴィジョン
もなく財源の見当もつかないからです。おかげで被災者は将来に向けた生
活設計ができず、途方に暮れています。これというのも今どきの政治家と
いうゴキブリどもには小学生でも理解しているようなことが分からないか
らです。

 三陸復興の原則は二つです。それは1)被災者たちがこれほど凄まじ
い津波の被害に」遭っても故郷を捨てようとしないことに留意する。この
ふるさとへの愛情を尊重することが復興計画の出発点でなければならない。
漁業共同体を再生させるべきで、住民をまとめて高台の高層ビルに移すな
どというゼネコンが喜ぶだけの計画は論外です。そして2)目下日本はエ
ネルギー政策のラディカルな転換期にあること。この二点を踏まえれば、
例えば私の以下のような三陸復興案が自ずと出てきます。

 コンクリート製の巨大で細長い浮き舟をつくり、それを縦に繋いで岩
手県の久慈から福島県の相馬にまで300キロ以上にわたり沖合いに並べ、
万里の長城のような防潮堤にする。流体力学を応用して適当に水が逃げる
ようにしてあるので、津波で破壊されたり押し流されて陸地に乗り上げる
心配はありません。もちろん漁船が外洋に出るための隙間も作ってありま
す。津波は」これを乗り越えるでしょうが勢いは大幅に弱まり、海岸の普
通の防潮堤でそれを防ぐことができます。ですから以前のままの漁師町を
復興させても構いません。

 そしてこの浮き船の上に何万という数の風力発電機を設置します。三
陸沖は風が強いので、おそらくこの風力発電だけで原発をふくむ東北の電
力の大半を賄うことができるでしょう。沖合い20キロあたりに設置され
ているので、これが景観を損なったり騒音公害が起きる心配もありません。

 このプロジェクトは東北各県が合同してつくる東北電力公社によって
運営されます。収入はもちろん自治体のものになります。財源ですが、電
力の需要は安定していて負債の返済で困る恐れはないので、この際世界銀
行からこの公社が借りたらいいでしょう。負債はすぐに返せるはずです。
スポンサーサイト

かんなと リクの おばあちゃんのつぶやき

2011-05-19

かんなと リクの おばあちゃんのつぶやき

私の小さな孫たちの未来が 相変わらず原発に依存する社会だとしたら、私はとても不安です。核の力は確かにスゴイです。でも とても人間の手におえないことが フクシマの事故で身にしみてわかりました。原発を止めると電気の供給が足りなくなる、というのも どうも 嘘っぱちのようです。元もと不必要に電気を使いすぎています。ちょっと考えると色々と思いあたります。季節はずれの野菜や果物は要りません。夜は暗く静かな自然のくらしをしたい。物は器械からではなく 人から買いたい。少しだけ生活を変えると原発無しでやってゆけるはず。便利さと人生の豊かさは比例しないと思う。知恵を使って 助けあって生きる社会をつくりたいと思う。チェルノブイリの事故の時も同じ事を言ってたなあ。結局方向は変えられなかった。道筋を決めるのは私達なのに、大抵知らず知らずのうちに決まってしまって、気が付いたら エッ?!てなことになってる。私はもう あと15年もすれば この世にさよならするので どうでもいいよ なんて言ってられない。
今、この時にやらなければいけない運命の別れ道の重要なポイントってあると思う。それが今だと思うのです。小さな孫たちのために 原発を止めたい。原発は好ましい社会をつくりません。事故はもうタクサンです。

6月11日は脱原発国際行動の日です。
世界中で一斉に行動します。
大町でも集会とデモを行います。御参加ください。

12:00       集会 大町駅前広場公園
13:10~14:30 デモ 駅前通り商店街

6.11 脱原発国際行動 大町集会

2011-05-11

5月2日に受理されていた
長野県公安委員会あて集会・集団示威運動許可申請書
大町市長あて都市公園使用許可申請書
の許可書をともに昨日受領しましたので、
集会・デモの計画をここに公表します。
お知り合いの方々へお伝えいただけると有難く存じます。
【転送転載歓迎】

■□■□■□■□■□■□■

6.11 脱原発国際行動 大町集会(原子力基本法改正へ向けて)

フクシマ 3.11 から 脱原発社会へ 

2011年 6月11日(土)
12:00  集会 大町駅前広場公園
            
13:10~14:30 デモ 駅前通り商店街

ウランはまだ平和な夢のエネルギーですか ?
じつは麻薬のようなものだった と人々がはっきり気づいた今
危険な核分裂(利用発電)施設を撤去することこそ
未来に希望がもてる
夢のある作業になるでしょう 
原発をやめても経済は麻痺せず
むしろ毒物を片づけるための新しい仕事が増え
真の意味で活性化するでしょう

不要な自動販売機の利用を減らせば
原発1基分の節電も可能です
原発に依存しない社会を築き直すために
一人一人できることから始めましょう
とりわけ
今なお危険にさらされている
フクシマの子どもたちを救いましょう


主催 あづみの道草あかとんぼの会
Free and Easy Red Dragonflies in Adumino

協賛【2011.05.11現在】 
   原子力行政を問い直す宗教者の会・信州
   国営アルプスあづみの公園・友の会
   安曇野ベーシック・インカム研究会
東ティモール支援・信州

【問い合わせ先】
   398-0003 長野県大町市社4095
   tel/fax  0261-23-2975 
   及川 稜乙(おいかわ りょういつ)

twitter:aduminoakatombo





ツイッター No.3

2011-05-10

ツイッター No.3

原子力安全委員会の人選を一新すべきだ。小出、石橋、後藤氏など、国の原子力政策を専門の立場から具体的に批判してきた人を起用して、議論をつくし、もって信頼に足る公平かつ有効な機関にせよ。
20分前

久しぶりにチェーンソーを手に山仕事。冬に切り倒しておいた径30~40センチの木をさらに短くしたり、枝を払ったり。途中肌着を3枚も替えたほど汗びっしょり。すっきりした野原にはコゴミがびっしり。
43分前

パブリックコメント(リニア中央新幹線)を提出し、ブログ(あづみの道草あかとんぼ)にも載せました。 
5月5日

新調したプロジェクターで田中優さんの講演会をみた。十何年か前、安曇野での講演会を企画したことがあったが、さすがに経済問題を含めてフクシマ後の社会設計を具体的に説明する能力は一等輝いている。
5月4日

ルシファーは堕天使で、最も才長けて優秀なる天使だった。その悪魔は常に元天使の姿で人に寄ってくる。黒い尻尾も尖がった耳も持たず美しく白いうっとりする羽をなびかせ人はそれが天使だと信じる。悩ましいのは悪魔が天使のごとくに善と美を囁くこと・・・人が天使と悪魔を見分けるのは大変に難しい。
5月3日

悪魔などというものは想像の産物にすぎず、現実には存在しないのだと人間たちに信じこませたのが、悪魔の手柄。原発震災の渦中にある今、自分は加害者だ(誰かを欺き、良心に恥じることをしている)と思っている人などどこにもいない。
5月3日

6.11脱原発国際行動大町集会は、 正午から 大町駅前広場公園で。デモは午後1時10分から。本日、大町市役所にて大町駅前広場公園の使用許可申請書を、大町警察署にて、大町市内の集会・集団示威運動許可申請書(長野県公安委員会あて)を提出。
5月2日

京都の3日間、充実感。大阪始発高速バスは深草ですでに40分遅れ。帰宅は午前1時。溜まったメールは220、ほとんど原災関係。
5月2日

100℃の沸騰水をことになってしまわないか? → 100℃の沸騰水を拵えることになってしまわないか? (先のツイートの訂正)
4月28日

水棺? ひび割れているかもしれない巨大な壺に3000トンもの水を満たせば、原子炉(圧力容器)を冷やすどころか、逆に、150℃のヒーターで沸かし、100℃の沸騰水をことになってしまわないか? しかも、余震でいつ壊れるかもわからない。恐怖の湯棺!
4月28日

 「公文書等の管理に関する法律」は2011年4月1日から施行されており、放射性物質の海洋投棄に関する検討経過や決定手続きも、現在および将来の人々が理解できる文書として作成しておく義務がある。東電も原子力安全委員会も保安院も首相官邸も。
4月27日

「知ってるでしょう。毎日毎日、血圧ばかり測ってる年寄って嫌いなのよ」(曽野綾子「湖水誕生」)・・・ムムム、グサッ・・・
4月26日»

石橋克彦教授の原発震災についての国会口述(平成17年2月23日、第162回国会衆議院予算委員会公聴会)聴講議員名簿を私のブログ:あづみの道草あかとんぼに載せました。
4月26日

30年余も選挙カー(おもに野党系の国政選挙)の運転手をやってきたという人が昼食時にボソッと言った:多くの候補者をそばで見てきたが、つくづく政治家という人種が嫌いになり、信じられなくなった。
4月25日

仙台の高橋道郎さん(TNCC東ティモール日本文化センター代表)から:「希望の島 東ティモール」今年も開催します、10月9日、東京新宿。
4月25日

隠れキリシタン、いえ単なるサボリタンの私もきのうの復活祭は例年どおり、高森草庵(ドミニコ会修道院)へ。ミサのあとの食事会で、持参した気仙沼のDr.山浦さんのケセン語聖書CDをみんなで聴いた。
4月25日

ベーシックインカムという言葉も使うのを止めて、より意味が明瞭な国民配当や一部ヨーロッパで使われている社会参入保証などに切り替えた方がいいかもしれません【関 曠野】
4月23日

パブリックコメント : リニア中央新幹線

2011-05-05

交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会中央新幹線小委員会答申(案)
に関するパブリックコメント

1 団体 
2 あづみの道草あかとんぼの会
3 398-0003 長野県大町市社4095 及川稜乙(代表)
4 0261-23-2975
5 【メールアドレス】 

意見

★3.①(ⅰ) 
超電導リニア方式の方が在来型新幹線方式に比べ費用が高くなるものの、時間短縮等による便益がより大きくなり、費用対効果7の観点からは相対的に有利

意見:この認識は間違っている。

理由:1編成当りの輸送量が在来型新幹線に比して著しく少ない超電導リニア方式において、費用便益の課題をクリアーするためには、片道1時間あたり10000人の輸送が可能という条件を満たすものとされているが、これまでの委員会の議論を見る限り、この問題を故意に避けているように思われる。
また、乗客の立場からも、航空機に搭乗するさいと同等の厳重なチェックを受ける(ミルクやライターなどの持ち込み禁止)ことになるため、在来の鉄道を利用するような手軽さという観点からは、むしろ便益は減ずるものと評価される。

★3.①(ⅲ)異常時の対応
在来型新幹線方式は、これまでの技術面・ノウハウ面での成熟度の高い蓄積に
より、地震等の異常時における安全確保について十分な実績を有している。

意見:この表現は論理性を欠いたものである。

理由:過去に大事故に遭遇しなかったことが「十分な実績を有している」ことの証明にならないことは、このたびの原発震災であきらかである。

★3.①(ⅲ)異常時の対応
一方、超電導リニア方式は、これまでの技術的な検討により、地震や大深度地下での火災等の異常時における安全確保について、整備計画段階での対応方針が示されており、その内容が小委員会において確認されている。

意見:この表現の意味するところが不明である。

理由:このたびの原発震災において、東京電力が想定できなかった津波の規模を、内閣府の原子力安全委員会も経済産業省の原子力安全・保安院も確認した上で「よし」と許可したのである。

★3.② 新たな鉄道技術の確立
超電導技術については、他分野への応用も期待される。

意見:他分野への応用とは何か、具体例をあげるべきである。

理由:リニアモーター・マグレブは、物理学的工学的技術においては大量輸送手段に応用する可能性もあるであろうが、現実問題として今の国際社会環境のもとでは、テロ対策等、あまりにもリスクが巨大であり、選択可能な分野は他に求めるべきである。将来の宇宙旅行に貢献できるからというなら、はっきりそれを目指した研究開発のプランを建てる方が国民の賛同を得易いであろう。

★3.②
超電導リニア方式は、我が国の独創的な走行方式であり

意見:認識不足のうえに傲慢な物言いである。

理由:SDI技術の1分野であるレールガン研究の指導者ジョン・バーバー博士はすでに1980年代、この技術について「列車の未来を切り開いていくものになるかもしれません」と述べている。(NHK取材班「アメリカ国防総省SDI局」p.170)
宇宙ステーションや人類の月面往還の技術を有する米国はリニアモーター・マグレブ技術においても同レベルの水準にあるのであり、その経験をもってしても現時点で大量輸送は不可能と判断しているのである。だから、サンフランシスコ・ロサンゼルス間大量輸送構想の選択肢にすら挙げないのであろう。
プロフィール

仁科の囁き

Author:仁科の囁き
FC2ブログへようこそ!

1945年7月中国山西省生まれ 翌年6月引揚 郷里岩手県北上市へ のち茨城高萩、東京多摩、宮崎日向、山口岩国を経て 中学高校は広島市 東京での大学生活(専攻独文)を終えてすぐ信州へ 
押田成人神父に師事 大工修業を経て 開発阻止活動に専念 
あづみの道草あかとんぼの会代表 国営アルプスあづみの公園・友の会事務局長 東ティモール支援・信州事務局 原子力行政を問い直す宗教者の会世話人ほか 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。